« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »

2007年5月30日 (水)

アクアリウムの夜

アクアリウムの夜 内容(「BOOK」データベースより)
春の土曜日の昼下がり、親友の高橋と行った奇妙な見世物、“カメラ・オブスキュラ”。そこに映し出された水族館には、絶対にあるはずのない、地下への階段が存在した。恋人の良子に誘われて試したこっくりさんは不気味に告げる―「チカニハイルナタレカヒトリハシヌ」!“霊界ラジオ”から聴こえてくる謎めいたメッセージに導かれ、ぼくたち3人のせつなく、残酷な1年が始まる。伝説の青春ホラー・ノベル、待望の文庫化。

■■■
このブログ初のライトノベルです。そして自分の読本歴の中でも数年ぶり…下手すると10年ぶりぐらいのライトノベル。
僕は夕闇通り探検隊 というゲームがやたらに好きなんですが、そのファンサイトで「夕闇が好きならこの小説が似たような雰囲気を持っていてオススメです」って書いてあるのを見て読んでみました。
確かに夕闇通り探検隊の雰囲気はあるんですが、文章構築能力の低い人が頑張ってノスタルジックな文章を書いた感がどうにも拭えない一品です。
「まさかあんな事になるとはその時のぼくには想像もつかなかった」これに近い一文が単元の終わりごとにこれでもかって程に書かれていて、どんだけの話の顛末が後回しにされたことか…。
でも最後には謎は一個も解けません。
主人公の目から見た状況説明を焦らしながらし続けた上で、最後はこんな不思議な事がいっぱいおきる青春時代も…いいよね!ってことで纏められた感じでした。
書きたい事の芯がちゃんと通っていればもっと雑多な感じはしなかったし、むしろこの世界観は好きだっただけに色々と残念。

余談ですが、最後解説を篠田真由美女史が書いてるんですが、作品に陶酔しすぎてこうなったのか若しくは丸投げしちゃったのか、どちらとも取れる文章でこの本の中で一番笑えました(笑)

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2007年5月23日 (水)

押入れのちよ

押入れのちよ 内容(「MARC」データベースより)
今ならこの物件、かわいい女の子(14歳・明治生まれ)がついてきます…。幽霊とサラリーマンの奇妙な同居を描いた表題作ほか、「木下闇」「殺意のレシピ」「介護の鬼」など全9話を収録した、ぞくりと切ない傑作短編集。

■■■
「押入れのちよ」「木下闇」「しんちゃんの自転車」は目に見えて好みな話で面白かったんですが、それ以外は特筆すべき物は無いかも。
全編通して“死”か“幽霊”のからむ話でした。
荻原さんは短編よりわりと重めの長編をちょっとしたジョークを交えて書いてた話の方が好きみたいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月20日 (日)

びっくり館の殺人

びっくり館の殺人 内容(「BOOK」データベースより)
とある古書店で、たまたま手に取った一冊の推理小説。読みすすめるうち、謎の建築家・中村青司の名前が目に飛び込む。その瞬間、三知也の心に呼び起こされる遠い日の思い出…。三知也が小学校六年生のとき、近所に「びっくり館」と呼ばれる屋敷があった。いろいろなあやしいうわさがささやかれるその屋敷には、白髪の老主人と内気な少年トシオ、それからちょっと風変わりな人形リリカがいた。クリスマスの夜、「びっくり館」に招待された三知也たちは、「リリカの部屋」で発生した奇怪な密室殺人の第一発見者に!あれから十年以上がすぎた今もなお、事件の犯人はつかまっていないというのだが…。

■■■
暗黒館の殺人 から待望の館シリーズ新作。今回は子供向けノベライズということでサクサク読ませて頂きました。
相変わらずの綾辻氏のおどろおどろしい雰囲気はそのままに手軽で読み易いまとまり方をしていて面白かったです。
でもこれ本当に子供に向けて読ませたら表紙と挿絵のあまりの恐ろしさに読み進める事なんてできないんじゃないかって程に絵がリアルで怖い。これでもか!?ってぐらいに絵が怖い…(2回言う程怖い)さすが綾辻氏。どんな場面でもミステリの中にホラー要素は忘れないんだなぁと。
個人的には最後、事件の真相を知る登場人物の一人が関東大震災という本当にあった災厄で真相を握ったまま亡くなる設定なのはちょっとミステリ作品においてはずるいんじゃないかな…とも思いました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月18日 (金)

理由

理由 内容(「BOOK」データベースより)
事件はなぜ起こったか。殺されたのは「誰」で、いったい「誰」が殺人者であったのか―。東京荒川区の超高層マンションで凄惨な殺人事件が起きた。室内には中年男女と老女の惨殺体。そして、ベランダから転落した若い男。ところが、四人の死者は、そこに住んでいるはずの家族ではなかった…。ドキュメンタリー的手法で現代社会ならではの悲劇を浮き彫りにする、直木賞受賞作。

■■■
文章の書き方が普段の宮部さんと違い、事件が全部片付いた後にルポルタージュ形式で書かれているのが新鮮でした。
最初はそれに気付かず読んでいて、やけにドキュメンタリーみたいな構成だなぁと戸惑っていたのですが、慣れるとすんなりと面白く読めると思います。

相変わらず宮部作品は読み手をストーリーに惹きつける力は抜群で、物語の鍵を握る人物の一人である綾子が登場する辺りからは色々な箇所に喜怒哀楽しながら怒涛の勢いで読み終わってしまいました。

ただ、(こういうキャラクターは宮部さんの本にはたびたび出てくるのですが)現代日本のとりわけ若い人の持つ感性からはあまり想像がつき難い、昔気質な…良くも悪くも一途だったり頑固だったり夢見がちだったりするキャラクターが今回はことさら多く出てきたので、そこに同調したり思いを馳せてみる事が難しかった事。
もう一つ、これは完全に個人的な感想なのですが、アニメやゲーム・漫画や小説が大好きで育ってきた自分としては、登場人物の一人の考え方で「現実の人間を殺す事は大変なことだが、製作者達がつけたもっともらしい経歴を持つだけのアニメ絵のキャラクターを同じように扱う事は“平気”なこと。スイッチ一つ押せば消えるペラペラな存在」と評した事にはどうにも切ない思いがこみ上げてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月17日 (木)

終末のフール

終末のフール 出版社 / 著者からの内容紹介
あと3年で世界が終わるなら、何をしますか。
2xxx年。「8年後に小惑星が落ちてきて地球が滅亡する」と発表されて5年後。犯罪がはびこり、秩序は崩壊した混乱の中、仙台市北部の団地に住む人々は、いかにそれぞれの人生を送るのか? 傑作連作短編集。

■■■
初めて図書館で借りて読んで以来、この1年間に合計3回読みました。
普段あんまり小説を読み直すとかはしないんですが、この本はふとした時に読みたくなります。
あと3年で人類が滅亡する世界で人々は何をするか。
混沌とした世の中は終わり気の小さい人や不運な人はだいたい死に絶えた後の話です。
現実を受け入れて3年間をどう生きるか模索しながら生きている人たちに焦点を絞った8作品。
重力ピエロの時にも思いましたが、伊坂氏の話には本当に納得したり、涙が出そうになるほど胸にくるフレーズが沢山出てきます。
なんかちょっと毎日が退屈だなぁ…って思った時に読むと一番ガツンとくるんじゃないかな。僕もまたそういう時に読み直そう。

関係あるようで無いような事だけど終末の過ごし方を久しぶりにやりたくなりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

重力ピエロ

重力ピエロ 内容(「Amazon.co.jp」データベースより)
   半分しか血のつながりがない「私」と、弟の「春」。春は、私の母親がレイプされたときに身ごもった子である。ある日、出生前診断などの遺伝子技術を扱う私の勤め先が、何者かに放火される。町のあちこちに描かれた落書き消しを専門に請け負っている春は、現場近くに、スプレーによるグラフィティーアートが残されていることに気づく。連続放火事件と謎の落書き、レイプという憎むべき犯罪を肯定しなければ、自分が存在しない、という矛盾を抱えた春の危うさは、やがて交錯し…。

■■■
遺伝子DNAや二重螺旋が話の核になっていて少し複雑な感じがするけども、導入も入りやすく主人公や春、二人の母親、父親、春を追いかける整形美人のストーカーなど登場人物も現実に居なさそうで居そうな微妙なバランスが非常に魅力的でした。
伊坂さんは今の所ハズレがないなぁ。軽く読めるくせに読後もずっしりと心に残るのが凄い。文体がお洒落でユーモアな所も魅力です。
「深刻なことは陽気に伝えるべきなんだよ」この春の台詞にはとても納得させられました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月14日 (月)

天使の囀り

天使の囀り 内容(「BOOK」データベースより)
北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

■■■
数年前、初めて黒い家を読んだときに「あ、自分はこちら側の方がより怖く感じるタイプなんだな」と自覚しました。
僕はホラーを読む時に“こちら側とあちら側”のどちらの話なのかを結構重要視します。
ホラーの中でも人的な事が原因で巻き起こったいざこざが“こちら側”で、人に在らざるもの…いわゆる霊的な事が起因して物語が進む話が“あちら側”だと(勝手に)振り分けて読んでいるのですが、その中でも自分が特に怖さを感じるのはまぎれもなくこちら側の話です。これについては弟切草とかまいたちの夜のどちらがより怖く感じたか…というのがわかり易い判断基準だとひそかに思っているのですが、ゲームの話はまた違う場所で(笑)
勿論どちらもそれ相応に面白いのですが、貴志氏の話はこちら側をベースにかなり専門的な所まで突っ込んで勉強してから書かれたのが感じられて読んでいると本当にうすら寒さを感じます(ホラーに対する誉め言葉です)
あと今回の話は本当に救いが少なくて読んだあとグッタリとした虚脱感を覚えました。
ホラーはそれが普通だって頭では解ってるんですがミステリを読んだあとに読むとなかなかに衝撃的ですね。
虫嫌いとかは別にないんだけど暫くは蜘蛛が怖くなりそうです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年5月 9日 (水)

月の裏側

月の裏側 内容(「BOOK」データベースより)
九州の水郷都市・箭納倉。ここで三件の失踪事件が相次いだ。消えたのはいずれも掘割に面した日本家屋に住む老女だったが、不思議なことに、じきにひょっこり戻ってきたのだ、記憶を喪失したまま。まさか宇宙人による誘拐か、新興宗教による洗脳か、それとも?事件に興味を持った元大学教授・協一郎らは“人間もどき”の存在に気づく…。

■■■
いつも「個」が「多」にいつの間にやら支配されていく話はそれが村や町単位であればあるほどゾクゾクしながら読みます(笑)
ただこれは屍鬼みたいなのを想像しながら読んでいただけにちょっとあれ?と思うこともしばしば。
なるほど、屍鬼はマイノリティと戦い排除する方向に動いたけれどこの本の住人達は取り込まれて同化する方に進んだのか。ちょっと意外な結果でした。
読後「じゃあ一回図書館で敵が撤退した訳は?」とか「多聞は結局どっちだったんだろう」とか「街の人が消えた最初の数日間も“すでに盗まれた人々”は本当に息を潜めて暮らしていたんだろうか」とか色々不思議な気持ちが残るのであまりスッキリは出来なかったり…
あと「男はこうで女はこうだ」的なジェンダー観念が何度も書かれているのも少し目に付きました。

恩田さんの話はとっつき易いんだけど光の帝国―常野物語 以来目に見えた大当たりは無いなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

屍鬼

屍鬼〈1〉 内容(「BOOK」データベースより)
人口わずか千三百、三方を尾根に囲まれ、未だ古い因習と同衾する外場村。猛暑に襲われた夏、悲劇は唐突に幕を開けた。山深い集落で発見された三体の腐乱死体。周りには無数の肉片が、まるで獣が蹂躪したかのように散乱していた―。闇夜をついて越して来た謎の家族は、連続する不審死とどう関わっているのか。殺人か、未知の疫病か、それとも…。超弩級の恐怖が夜の帳を侵食し始めた。

■■■
黒祠の島で使ったモチーフを焼きなおして盛大に使った感じの作品。
良いですね、この小野さんお得意のホラーとミステリが6:4ぐらいで交じってる雰囲気大好きです(笑)
これは僕の大好きなホラーゲームSIRENが参考にしたと言われている小説なのですが、古くはジャック・フィニィの盗まれた街のような一個のコミュニティ単位で人が人在らざるものにひっそりとすり返られていく様と、それにいち早く気付いた人が対抗したり原因を究明したり逃げたりする過程を追った話です。
最後若御院とお医者とどちらの側に立って読むかでエンディングの捕らえ方が変わりますが、自分としては理性はお医者側だったなぁ…
最後に一筋の救いはある話ですが、たいがいが辛く哀しい話でそこも含めて途方も無く面白かったです。
こんなに辛くて哀しいのにこんなに面白かった話は模倣犯以来久しぶりでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎町案内人Ⅱ

歌舞伎町案内人 2 (2) 出版社/著者からの内容紹介
日本人の知らない歌舞伎町の姿を克明に描き出す、衝撃のノンフィクション!
いまや夜の歌舞伎町で最も有名な中国人となった元祖「案内人」、李小牧。あらゆる欲望の聖地と化した歌舞伎町のバックストリートで、いま何が起きているのか。真実はこの男の告白の中にある--。

■■■
一作目に続き僕の東京シンドロームを発病させられる作品でした。
ただ書き方の問題かもしれないけれど、一作目よりちょっとクセやらアクやらが強く書かれているのが少し気になったり…。この世界観の現状やその後や自分の知らないアンダーグラウンドは確かに知りたいけども、この著者の口から聞くのはもう別にいっかな。と思わせるような変化がありました。
莉莉さんとはその後も上手くいってるのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

人質カノン

人質カノン 内容(「BOOK」データベースより)
「動くな」。終電帰りに寄ったコンビニで遭遇したピストル強盗は、尻ポケットから赤ちゃんの玩具、ガラガラを落として去った。事件の背後に都会人の孤独な人間模様を浮かび上がらせた表題作、タクシーの女性ドライバーが遠大な殺人計画を語る「十年計画」など、街の片隅、日常に潜むよりすぐりのミステリー七篇を収録。

■■■
相変わらず短編も長編ももれなく全部読みやすくて面白い宮部さんです。この人の量産かつクオリティの高さはどこから出てくるんだろう…
これ読んでいる時に「あれ、なんか見たことある話だなぁ…なんか読んだ事あるなぁ…うわオチまで全部記憶と一緒だ!おっかしいなぁ~…」と思ってたんですが、よくよく考えてみると一昨年東京から帰って来る時に羽田の空港で時間を持て余して全部立ち読みしていた本でした。
確かに薄い本とはいえ一冊立ち読みし終わるってどんだけ時間を持て余してたんだろう。
内容としては「十年計画」が特に好きでした。
このタクシードライバーのおばちゃんについてはハマリ役だと思える役者さんが居るんで機会があったら声かけてみたいと…ひそかに思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

もつれっぱなし

もつれっぱなし 内容(「BOOK」データベースより)
「…あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「…」。男女の会話だけで構成される6篇の連作編篇集。宇宙人、四十四年後、呪い、狼男、幽霊、嘘。厄介な話を証明しようとするものの、ことごとく男女の会話はもつれにもつれ―。エンタテインメントの新境地を拓きつづけた著者の、圧倒的小説世界の到達点。

■■■
会話だけで進行する台本形式の本なので、芝居のちょっとしたネタになるかなーと思って買ってみたのですが…うーん困った。苦手だぞ。
「男女の会話」ってのが話のミソでしたね。純粋にいいなぁ…って思えるストーリーもあったんですが、概ね最後は痴情に流れて終わり。さすがもつれっぱなし。一切もつれねえ話が無い。
や、まぁもつれるのはいいんですが、ゴタゴタした話を一緒くたに抱いて慰めるとか恋愛に持ってってうやむやにするとかの手法で終わらせられるのが苦手なので、あんまり面白くは感じませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年5月 8日 (火)

夢にも思わない

̴?ˤ⻗?金??内容(「BOOK」データベースより)
毎年、九月末になると「白河庭園」で行われる、虫聞きの会。もう二十年近くも続いているという、そんな風流な催しに、僕が行く気になったのは、一にも二にもクドウさんのためだった。毎年家族で訪れているというクドウさんと偶然を装って会うはずだった。それなのに…。―殺されたのはクドウさんの従姉だった。事件は思いがけない方向に進んでいき無責任な噂があとを絶たない。僕は親友の島崎と真相究明にのりだした。大好きな彼女は僕が守る。

■■■
今夜は眠れないの頃から常々“小中学校の頃にもし二人が出会っていたら…”というパラレルワールド的世界での島崎=火村で緒方=アリスだなあと思っていたんですが、今回もその印象は変わらずでした。
ただ島崎が成長した暁に火村になるにはちょっとナンパすぎるかも・・・。
でも中学生なのに最早立派に「人を殺したいと思った事がある」感じの底の知れない少年に育っている辺りは両作品を知っている方ならきっとほくそ笑んで頂けると思います(笑)

ストーリーとしては少女売買や処刑など大人向けのモチーフと初恋や親友との齟齬などのジュニア向けのモチーフが入り乱れてます。
この辺が中学生をターゲットにした感じなのかな?
うーん…このシリーズは変に大人びないで前作ぐらいの土俵でもっと伸び伸び動いてくれた方が面白いかも。
個人的にはジッタリンジンや聖飢魔Ⅱやたまなど“時代”を感じられる台詞がポンポン飛び交うのも懐かしくて好きな部分です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

the TEAM

the TEAM 出版社 / 著者からの内容紹介
人気霊能者の陰で〈彼ら〉が大活躍!?
盲目で難聴の人気霊導師、能城あや子。百発百中の"霊視"を支えるのは、彼女の仲間たちだった。過去の事件の真相や、不思議な現象の真実を次から次へと暴き出す! 極上ユーモアミステリ集。

■■■
文章が現代口語系なので読みやすくテンポが良い作品でした。
登場人物達の引き際と作品の終わり方が非常に良い形でリンクしていて本を閉じさせるタイミングが絶妙。
続きが出るなら是非とも読んでみたい一冊です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

歌舞伎町案内人

歌舞伎町案内人 内容(「BOOK」データベースより)
アジア最大の歓楽街、新宿歌舞伎町。飲食店と風俗店がひしめき合い、ヤクザと中国マフィアが暗躍するこの欲望と狂気の街に、李小牧は十四年間立ち続けている。日本語、北京語、広東語、湖南語を自在に操るこの男の職業は「案内人」。ヤクザを後ろ盾に、刑事を友に、変貌を続ける歌舞伎町地下社会を驚異的なしぶとさで生き抜いてきた李が明らかにする真実とは!?衝撃のノンフィクション。

■■■
ずっと前に某番組で見てから気にはなっていた本。
ながらで見てたからタイトルやら著者名やら忘れてしまってなかなか手に取るまでが長かったのですが、この間歌舞伎町案内人2を見つけたのを機に両方買ってしまいました。
元々新宿が好きなので「東京」やら「新宿」(近辺の)付くタイトルの話はそれだけでワクワクしてしまうのですが、普段生活していたら見る事の出来ない歌舞伎町アンダーグラウンドの話山盛りでかなり楽しめました。
目線が日本人じゃなく日本に来ている中国人っていうのがまた面白い。
安全な位置からモメゴトを見るのが大好きな人にお勧め。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年1月 | トップページ | 2007年6月 »