« 夢にも思わない | トップページ | 人質カノン »

2007年5月 9日 (水)

もつれっぱなし

もつれっぱなし 内容(「BOOK」データベースより)
「…あたしね」「うん」「宇宙人みつけたの」「…」。男女の会話だけで構成される6篇の連作編篇集。宇宙人、四十四年後、呪い、狼男、幽霊、嘘。厄介な話を証明しようとするものの、ことごとく男女の会話はもつれにもつれ―。エンタテインメントの新境地を拓きつづけた著者の、圧倒的小説世界の到達点。

■■■
会話だけで進行する台本形式の本なので、芝居のちょっとしたネタになるかなーと思って買ってみたのですが…うーん困った。苦手だぞ。
「男女の会話」ってのが話のミソでしたね。純粋にいいなぁ…って思えるストーリーもあったんですが、概ね最後は痴情に流れて終わり。さすがもつれっぱなし。一切もつれねえ話が無い。
や、まぁもつれるのはいいんですが、ゴタゴタした話を一緒くたに抱いて慰めるとか恋愛に持ってってうやむやにするとかの手法で終わらせられるのが苦手なので、あんまり面白くは感じませんでした。

|

« 夢にも思わない | トップページ | 人質カノン »

井上夢人」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/6353326

この記事へのトラックバック一覧です: もつれっぱなし:

« 夢にも思わない | トップページ | 人質カノン »