« 死神の精度 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

2007年6月21日 (木)

魔王

魔王 出版社 / 著者からの内容紹介
「小説の力」を証明する興奮と感動の新文学
不思議な力を身につけた男が大衆を扇動する政治家と対決する「魔王」と、静謐な感動をよぶ「呼吸」。別々の作品ながら対をなし、新しい文学世界を創造した傑作!

■■■
実はこの小説と一つ前の死神の精度という小説は同時期に入手していて、どちらを先に読むか非常に迷った末に死神の方から読んだのですが、この選択がこんなに大当たりだと思いませんでした。
互換性としては死神の精度に出ていた死神が魔王の主人公を調査する…という非常に単純な絡み方をしているだけなのですが、この“死神”の性質がちゃんと本一冊を読んで理解したうえでないとえらく自分の中に残りそうな描かれ方だったんですよ。

魔王に出てくる兄弟はどことなく重力ピエロの兄弟と似ている気がします。そしてどちらも非常に清々しく仲のいい兄弟です。作者が描く男兄弟の理想図がこれに近い形なのかもしれません。
この話は謎が全然…本当に1個も解かれていない謎だらけの話なので、死神の精度みたいに他の伊坂作品にも登場している(もしくはこれからしてくる?)人がいるのかもしれない。それを期待しながらこの人の他の話を読んでいくのも楽しそうだなと思いました。

|

« 死神の精度 | トップページ | 神はサイコロを振らない »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 魔王:

« 死神の精度 | トップページ | 神はサイコロを振らない »