« 淋しい狩人 | トップページ | 感染 »

2007年6月22日 (金)

魔術はささやく

魔術はささやく 内容(「BOOK」データベースより)
それぞれは社会面のありふれた記事だった。一人めはマンションの屋上から飛び降りた。二人めは地下鉄に飛び込んだ。そして三人めはタクシーの前に。何人たりとも相互の関連など想像し得べくもなく仕組まれた三つの死。さらに魔の手は四人めに伸びていた…。だが、逮捕されたタクシー運転手の甥、守は知らず知らず事件の真相に迫っていたのだった。日本推理サスペンス大賞受賞作。

■■■
実は随分前に一度読んで、今回二度目の読破だったんですが、色々忘れていて曖昧だった部分や流して読んでいた部分を補えて面白かったです。
後の模倣犯に出てくる塚田真一少年はこの話の主役日下守をモチーフに作られたのだろうなと思いました。
めずらしく警察が全く出てこないミステリです。
ストーリーの骨組みが随分リアルなのに対してオチはサブリミナルと催眠術という凡そ一般的でないものを使っているのも珍しくて楽しく読めました。
この辺の大作で力をつけていき模倣犯へのベクトルが定まったのだなと考えると、この本や火車、理由などの印象がまた少し変わった気がします。

|

« 淋しい狩人 | トップページ | 感染 »

宮部みゆき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/6873364

この記事へのトラックバック一覧です: 魔術はささやく:

« 淋しい狩人 | トップページ | 感染 »