« 長い長い殺人 | トップページ | 魔王 »

2007年6月21日 (木)

死神の精度

死神の精度 内容(「MARC」データベースより)
「俺が仕事をするといつも降るんだ」 クールでちょっとズレてる死神が出会った6つの物語。音楽を愛する死神の前で繰り広げられる人間模様。『オール読物』等掲載を単行本化。

■■■
ページも少なくかなりライトな気持ちで読める本でした。
と言っても伊坂氏の本で重い気持ちじゃないと読めない本はなかなか少ない気もしますが…。
死神の人間感の無さ具合とたまにとぼける感じがとてもコミカルなんだけど、人の死に対してはやっぱり哀しいぐらいドライでそのギャップに戸惑う事も暫し。
あと1話目に死ぬ予定だった人生に疲れた女性が最終話で歌姫になっていたり、4話目に出てきた主人公の想い人が最終話の主役だったりと僕の好きな原点回帰物だったのが嬉しかったです。
全体を通してぐっと読み込める話と言うよりはオムニバス形式で小話を楽しむ感じで良い時間つぶしになりました。

|

« 長い長い殺人 | トップページ | 魔王 »

伊坂幸太郎」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/6861391

この記事へのトラックバック一覧です: 死神の精度:

« 長い長い殺人 | トップページ | 魔王 »