« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »

2007年7月19日 (木)

蘆屋家の崩壊

蘆屋家の崩壊 内容(「BOOK」データベースより)
定職を持たない猿渡と小説家の伯爵は豆腐好きが縁で結びついたコンビ。伯爵の取材に運転手として同行する先々でなぜか遭遇する、身の毛もよだつ怪奇現象。飄々としたふたり旅は、小浜で蘆屋道満の末裔たちに、富士市では赤い巨人の噂に、榛名山では謎めいた狛犬に出迎えられ、やがて、日常世界が幻想地獄に変貌する―。鬼才が彩る妖しの幻想怪奇短篇集

■■■
大学時代に本好きの友人から「この本めちゃくちゃ面白いから読んどいた方がいいよ」と言われて借りて読みました。それから数年後の今、本屋でこの本を見つけた時に確かに読んだ記憶とめちゃくちゃ面白かった記憶はあったのですが、内容が全く思い出せないので改めて自分で買いなおして読み直してみました。

めちゃくちゃ面白かったです。

夏のこの季節にピッタリのちょいとした怪奇話。ホラーというより日本の妖怪や魑魅魍魎系が下敷きになっているので怪奇という言葉がピッタリです。
物凄く安直な例えで申し訳ないんですが、京極夏彦を超軽妙にした感じ。…ん、これはどちらのファンに謝ればいいんだ?両方か。
主人公猿渡の一人称で始る話ですが、彼の性格がちゃらんぽらんでずぼらで喋る言葉がいちいち的を得ているので、語り口を読んでいるだけでも相当愉快です。
この登場人物達を使った続きの本があるのなら間違いなく次も読みたくなるクオリティです。

なんでこの作家さんの事をもうちょっと前に思い出さなかったんだろう。
後で図書館行って他の本も借りてこよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

1ポンドの悲しみ

1ポンドの悲しみ 出版社/著者からの内容紹介
30代女性の恋模様を描いた、優しい短編集
本好きの人にしか恋ができないOL、夫以外の男性にときめく妻、いつ同棲が終わってもいいように準備をしているカップル。女性の切ない恋愛模様を描いた傑作短編集。(解説/藤田香織)

■■■
確かにちょっとビックリするほど優しい恋愛模様でした。
前回の恋愛短編集スローグッドバイも相当優しかったですが、今回は登場人物達の年齢層が上がったせいか前回に輪をかけて優しかったです。(何この感想…)
僕は普段恋愛物は本当に読まないので、石田さんの作品ぐらいでしか恋愛作品に触れる機会はないけれど、これだけ解りやすく恋愛音痴にも「ああこれが恋をしているときのドキドキの醍醐味なんだ」と理解できる書き方で、しかも全作かなりお洒落に書いてもらえるとたまにこの辺のジャンルを読むのも認識が変わって良いものだな、と思いました。

石田さんは色々な所で“本を読まない人が読む作家”と言われていますが、なるほど、これだけ手軽でかつ面白ければ確かに普段本を読まない人でも読みたくなるんじゃないでしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2007年6月 | トップページ | 2007年8月 »