« 黙の部屋 | トップページ | Q&A »

2007年8月 4日 (土)

アクアポリスQ

アクアポリスQ 出版社 / 著者からの内容紹介
水没都市Q市の沖合いに浮かぶ人工島「アクアポリス」。この水上都市が建造された背後には、国家規模の陰謀を封じる仕掛けが隠されていた。Q市壊滅のため、伝説の牛鬼を召還しようとする政府の要人たち。その計画を阻止するべく、現われた女設計士「J」、自分の故郷を守ろうと立ち上がる少年「タイチ」。異能の鬼才・津原泰水が近未来を舞台にはじめて挑む本格ビルドゥングスロマン。

■■■
敵の形状や話の持っていき方がエヴァちっく。
ただエヴァで言うところのシンジ役の主人公タイチがめったやたらにポジティブシンキングで非常に好感が持てました。
これぐらい主役が前に進むパワーのある子なら、暗くて人の死に合いの多い話でも続きを読む元気がわくんだけどな。
あと津原さんらしく字面にゆとりがなくて説明の極端に少ない描写です。
それでも読む人を惹き付けるんだからこれはもう天性だ。
専門用語(アクアポリス用語)が多くて慣れるまではちょっと読み辛さも…。

|

« 黙の部屋 | トップページ | Q&A »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

津原泰水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/7407352

この記事へのトラックバック一覧です: アクアポリスQ:

« 黙の部屋 | トップページ | Q&A »