« 中空 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »

2007年9月23日 (日)

オーデュボンの祈り

オーデュボンの祈り (新潮文庫) 内容(「BOOK」データベースより)
コンビニ強盗に失敗し逃走していた伊藤は、気付くと見知らぬ島にいた。江戸以来外界から遮断されている“荻島”には、妙な人間ばかりが住んでいた。嘘しか言わない画家、「島の法律として」殺人を許された男、人語を操り「未来が見える」カカシ。次の日カカシが殺される。無残にもバラバラにされ、頭を持ち去られて。未来を見通せるはずのカカシは、なぜ自分の死を阻止出来なかったのか?卓越したイメージ喚起力、洒脱な会話、気の利いた警句、抑えようのない才気がほとばしる!第五回新潮ミステリー倶楽部賞を受賞した伝説のデビュー作、待望の文庫化。

■■■
「ある日どこか島の外から来た人間が島に無いものを置いていく」
この言葉を信じ続けている日比野は登場人物至上一番バカで純粋だと思う。そして読前と読後で一番印象が変わった人物です。端的に言うと好きになりました。
地味ですが日比野を不器用な形で見守る島の警察官小山田との関係が好きです。
本書は著者がこれでもかって程に詰め込んだ伏線が見事で、最後まで読んでようやく理解できる事ばかりでした。最後まで読んでも納得できない事もままあるけども、それが気にならないぐらいにこの世界観は見事です。
ミステリーと言うより現代小説のひとつとして読む方がしっくりくるのではないでしょうか。
デビュー作から「群集心理」と「全体を包む大いなる波」は伊坂作品の特徴だという事がよくわかりました。

|

« 中空 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

伊坂幸太郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: オーデュボンの祈り:

» スイレン [タヒチ]
犯罪の要因も指 しかし 人だった [続きを読む]

受信: 2007年9月28日 (金) 00時14分

« 中空 | トップページ | キングダム 見えざる敵 »