« サウスバウンド | トップページ | 遺品整理屋は見た! »

2007年10月26日 (金)

ルピナス探偵団の当惑

ルピナス探偵団の当惑 (ミステリー・リーグ) 内容(「BOOK」データベースより)
「そうだ、検視の結果なんだけど」と姉(警察官)は言い、「いい。聞きたくない。いま食べてるし」と私(女高生)はかえすのだが、「じゃあ聞かないで。勝手に喋るから」そうして事件に巻き込まれ(押しつけられ)てゆく私たち。どうして殺人を犯した直後に被害者の残したピザなんかを食べていったのだろうか、どうして血文字のダイイング・メッセージ(らしい)はわざわざ鏡文字になっていたのか、そしてどうして死体から腕だけを無理して盗んだのか―。才人津原泰水が本格ミステリーの粋を凝らした傑作。

■■■
津原さんが少女小説家だった時代に書いた作品に1編を足して出来上がった本だそうです。
少女小説を書いていた事は知っていたのですが、過去読んできた津原作品から少女向けの小説というのが壮絶に思い浮かばなくて全然ピンとこなかったのですが、なるほどこんな感じか。
文章の密度は1/2ぐらいになってるんですが、目の付け所というか文体は全く持って変わらずですね。これはこの時代に書いていた作品も俄然気になってきました。というぐらい面白かったです。
探偵役が主人公なのかと思いきや、途中から主人公が思いをよせる男の子に代わっていったりと、ミステリ要素としてはなかなかにトリッキーな部分も多いですが、基盤が少女小説ならば納得。
会話の掛け合いもとてもリズミカルで、全編通して恋愛が主軸にあるはずなのにびっくりするぐらい色っぽい話にならないのも面白いです。
もしこの話が文庫でたくさん出ていたら、図書館とかで探して一から追っかけたくなりました。

|

« サウスバウンド | トップページ | 遺品整理屋は見た! »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

津原泰水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ルピナス探偵団の当惑:

« サウスバウンド | トップページ | 遺品整理屋は見た! »