« 遺品整理屋は見た! | トップページ | 砂漠 »

2007年10月30日 (火)

ディスタービア

Ke_02_3

製作年:2007/製作国:アメリカ/製作:モンテシト・ピクチャー・カンパニー
カラー/1時間44分/ビスタサイズ/DTS-ES/字幕翻訳:栗原とみ子
監督: D・J・カルーソ
脚本・原案: クリストファー・ランドン
脚本: カール・エルスワース

キャスト
シャイア・ラブーフ/サラ・ローマー/アーロン・ヨー/デヴィッド・モース/キャリー=アン・モス
解説
アメリカでロングランヒットを記録した予測可不能なサスペンス。自宅軟禁中の青年が、近所ののぞき見を始めたせいで事件に巻き込まれていく様子を描写する。主人公役に『トランスフォーマー』のシャイア・ラブーフ、その母親役に『マトリックス』シリーズのキャリー=アン・モスがふんする。デジタルカメラや携帯電話といったハイテク技術を駆使し、若者たちが犯人を追い詰める奮闘ぶりは必見。

■■■
面白かったです!
久しぶりに両手放しでおもしろかったと思いました。
主人公達が追い詰められていくドキドキ系サスペンスなんですが、それが良い意味で温い!
僕はホラーやサスペンス系で好きな要素がいくつかあって、
・主人公の事をちゃんと好きになってくれる相手(ヒロインや友達)が居る。
・その友達やヒロインごと事件に巻き込まれる(孤独じゃない)
・犯人は最後に死ぬ
・主人公と深い絡み方をした味方は死なない
もう少し上げるともっともっとあるんですが、概ねこんな感じの事が守られているものが好きなんです。
おそらく世間一般のサスペンス系から見たらとてもヌルい条件なのは承知していますが、どうせ怖い物を見るなら痛々しいのより快活な物が見たいので(笑)
主人公とヒロインと友人が3人で隣人の謎を暴こうとする場面もケイパー・ストーリーやコン・ゲームを彷彿させて面白かったです。
僕が知っている中では「隣人は静かに笑う」×「裏窓」…そっからホラー要素を少々マイナスしたみたいな印象でした。
友人役の韓国人俳優がとても良い味を出していたのと、母親役の俳優がやたらに美人だったのも見ていて飽きなかった。
もっともっと精神的に追い詰められたりする怖いのが好きな人には退屈かもしれませんが、個人的にはとても楽しめる作品でした。

|

« 遺品整理屋は見た! | トップページ | 砂漠 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

TBさせていただきました。

予想以上に興奮しました。
冒頭のシーンが一番の見所って感じでしたが・・・。

投稿: タウム | 2007年11月 3日 (土) 06時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/8679512

この記事へのトラックバック一覧です: ディスタービア:

» 試写会 ディスタービア [あいのあいらぶ日記]
本日試写会 ディスタービア見てきます。最近ァタシは試写会応募確率90%ぐらいそれも名古屋ではなく、岡崎の試写会だけど(ダカラ当たるのカナ?)シネプレックス岡崎にて全席指定席の試写会だから、営業時間始まったらすぐに券を変えに行くの。これがツゥ〜の試写会マ....... [続きを読む]

受信: 2007年10月30日 (火) 18時09分

« 遺品整理屋は見た! | トップページ | 砂漠 »