« レイクサイド | トップページ | 君は永遠にそいつらより若い »

2007年10月 3日 (水)

ピカルディの薔薇

ピカルディの薔薇 内容(「BOOK」データベースより)
頑迷な男を襲う白昼夢。(「夕化粧」)人形作家の恐るべき新作。(「ピカルディの薔薇」)鳥を彩る伝説の真相。(「籠中花」)饒舌に語られる凄絶な食。(「フルーツ白玉」)稲生武太夫伝説への硬質なるオマージュ。(「夢三十夜」)未来を覗ける切符の対価(「甘い風」)猿渡の祖父が見た彼の幻の都。(「新京異聞」)江戸川乱歩、中井英夫の直系が紡ぐ、倦怠と残酷の悲喜劇。

■■■
「蘆屋家の崩壊 」が大学時代に友人から借りて読んで、久しぶりに読み返したくなるほど印象深かった作品だったのですが、「ピカルディの薔薇」はその登場人物である猿渡と伯爵の二人があいまみえる続編でした。
この本に関して全くのノー知識で、津原さんの名前だけで読み始めたのでこの嬉しい出会いに相当ビックリしました。
相変わらずこの方の書く文章は美しいです。詩的で…とか情緒があってどうとかそういうのは全然詳しくない自分ですが、難そうに見えてそうでなく、ユーモアとセンスの良さが軽妙洒脱に描かれているのが凄い。
魔を秘めた幻想的な雰囲気が好きな人にはたまらない一品です。

|

« レイクサイド | トップページ | 君は永遠にそいつらより若い »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

津原泰水」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ピカルディの薔薇:

« レイクサイド | トップページ | 君は永遠にそいつらより若い »