« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »

2007年12月29日 (土)

イン・ザ・プール/空中ブランコ

イン・ザ・プール (文春文庫) 内容(「BOOK」データベースより)
「いらっしゃーい」。伊良部総合病院地下にある神経科を訪ねた患者たちは、甲高い声に迎えられる。色白で太ったその精神科医の名は伊良部一郎。そしてそこで待ち受ける前代未聞の体験。プール依存症、陰茎強直症、妄想癖…訪れる人々も変だが、治療する医者のほうがもっと変。こいつは利口か、馬鹿か?名医か、ヤブ医者か。

空中ブランコ 内容(「BOOK」データベースより)
人間不信のサーカス団員、尖端恐怖症のやくざ、ノーコン病のプロ野球選手。困り果てた末に病院を訪ねてみれば…。ここはどこ?なんでこうなるの?怪作『イン・ザ・プール』から二年。トンデモ精神科医・伊良部が再び暴れ出す。

■■■

試写会でサウスバウンドを見せてもらったのを切っ掛けに、奥田氏の作品に興味を持ったので、ブックオフで探したら揃って置いてあって即購入。
あとで調べたら続編がもう一作出てたんですね。とりあえずお試しとして2作でいいやと読んでみたので、今回は異例ですが2作品一緒に感想書きます。

伊良部の性格と行動に慣れるまで二冊目のまんなかまでかかりました。
何度も嫌な目に合う患者がそれでも訪れるのは愚かだし、いくら何でもお約束にしては強引だと思っていたけど、もうそういう一連の流れだと、オートマチックだと考えたらすんなり読めるようになりました。時間かかったけど…
そこからはようやく面白く読めました(笑)
帯や書評を見たら「癒される」とか「爆笑できる」とかのうたい文句で宣伝されていましたが、癒しや爆笑に関しては僕は恩恵に与れなかった…かな。
僕が個人的に、ここまでは色々な都合でこういう流れなの。決まりなの。自動的にこうなるの。ただし、ここからは各自自由。好きなように動いていいし好きな風に受け取ってもらって全然構わないよ。的な途中放置のような泳がされ方を好まないからだと思います。
自由にさせてくれるなら最初から自由希望だし、決まりごとがあるなら多少強引でも最後まで決まりとして読者を引っ張ってってよ。と。
この話自体がこういうスタイルだからあんまり合わなかったのかなー…
また機会があったら映画も見たことだし、サウスバウンドの方を読んでみたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年12月10日 (月)

神様からひと言

神様からひと言 (光文社文庫) 内容(「BOOK」データベースより)
大手広告代理店を辞め、「珠川食品」に再就職した佐倉凉平。入社早々、販売会議でトラブルを起こし、リストラ要員収容所と恐れられる「お客様相談室」へ異動となった。クレーム処理に奔走する凉平。実は、プライベートでも半年前に女に逃げられていた。ハードな日々を生きる彼の奮闘を、神様は見てくれているやいなや…。サラリーマンに元気をくれる傑作長編小説。


■■■
主人公も含めて普通どこか出演回数の多い位置に、わりと無個性だったり話の聞き手に回るようないわゆる「抜き」的なキャラクターが居る事が多い小説界ですが、見事に登場人物全員が癖のある曲者ぞろいの話でした。
はじめ、一番無個性なのはかろうじて主役の佐倉かな、と思っていましたが、その主役すらもしっかりと強い味付けがされていたんで、画面がくどいくどい(笑)
最初のうちは毒気に当てられるような気持ちでちょっとくらくらしながら読んでいたのですが、だんだん慣れてくるとそれが良い味になってきました。

「お客様のひと言は神様のひと言」これを社訓にかかげた珠川食品お客様相談室に努めた佐倉の奮闘話ですが、その中でお客から“自然健康食品(ヘルシー)”に対する会社の取り組み方の甘さを追及された時、上司の篠崎がお客の気持ちを一度きちんと真摯に受け止めた上で、会社側の立場として諭した「昨今では大根や果実の皮にも農薬が含まれ、無農薬で育てようと思っても薬を使って育てた家畜の堆肥ではどうにもならず、そもそも土壌自体がすでに薬品漬けになっております。まったくの健康食品などもうどこにもないのです。全ての人間が本物だけを食べて生きていける世の中ではないのです。お気持ちだけはしかと受け止めますが、気概だけでは会社が潰れてしまいます。」
コストや合理性、資源の上手い使い方を研究している現場側の立場から見た意見として、確かにこれも一理ある。と納得してしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

バイオハザードⅢ

327839view001_2ジャンル : アクション
製作年 : 2007年
製作国 : アメリカ
配給 : ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント


ラクーンシティに広まったTウィルスの感染は、数年後には世界中へと広まっていた。アンデットに埋め尽くされた地上は砂漠と化し、わずかな生存者が限られた資源でその日暮らしをしていた。そんな状況下、ウィルス蔓延の元凶であるアンブレラ社による人体実験後、監視衛星に追跡されているアリスは、立ち寄ったガソリンスタンドで、赤いノートを手に入れる。ノートにはアラスカは感染が及んでいない安息の地だと記されていた…。

■■■
レイトショーで1200円で見てきました。
下世話な話、銭金の視点から感想を言うと、1200円分は楽しめる娯楽アクション(スリル)映画です。
ただ1800円分楽しめるかと言われたらちょっと頷きかねるかな…。
これはシリーズ通しての共通項ですが、僕はバイオのゲームが物凄く好きなのでいちいちゲームと比べそうになってしまいますが、これはゲームの設定を借りたパラレルストーリーなんだと頭をシフトした瞬間からミラの人じゃない動き方を楽しめるようになりました。

あとは、三部作設定だっははずがまだまだ続きそうだったり、カルロス(ゲームからの名前借りキャラ。因みにゲームでは死んでない)が壮絶なる死を遂げたり、唯一の民間人で2で度重なるラッキーにより生き残ったLJがわりとあっけなく死んでしまったり、「おい、やりたい放題だな監督(苦笑)」と思う場面も含めて1200円分は面白かったです。(笑)
映画版バイオ3部作に関しては、噂では新シリーズでまた3部作を作るとか、今度はクレアが主役になるとか嘘か本当かよくわからないような話を聞きましたがはてさてどこまでが本当の話なのか。
アリスがクローンをひき連れて顎肉のたるんだ締まりの無いウエスカーの所に乗り込む様を早く見てみたいとも思うんですがね。
あと映画のストーリーとは関係ない話ですが、ミラが今回アップの場面でびっくりする程肌質がマッドで、汗ひとつかかず、おでこひとつテカってない様は妙に面白かったです。
おいおいいくら何でも戦いの最中そんなにサラッとしないだろう(笑)。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

« 2007年11月 | トップページ | 2008年1月 »