« ラッシュライフ | トップページ | 白い兎が逃げる »

2008年1月22日 (火)

池袋ウエストゲートパークⅤ 反自殺クラブ

反自殺クラブ―池袋ウエストゲートパーク5 (文春文庫 い 47-9) 〔ストーリー紹介〕
池袋には「Gボーイズ」って言うストリートギャング団がある。イカれたガキどもの集団だ。
トップのキングの名は、タカシ。奴に話を取り次ぎたいのなら、俺のところにくればいい。
依頼によっちゃぁ聞いてくれるかもしれないよ。

風俗嬢の天才スカウトマン・タイチ。彼の知り合いが風俗スカウトサークルの罠にはまり、
タイチはマコトにその救出を依頼する―――「スカウトマンズ・ブルース」

かつて爆発的にブレイクした、大スター神宮寺貴信。ある日マコトの果物屋を訪れた、
その伝説の男は、「Gボーイズ」への取り次ぎを依頼した―――「伝説の星」

労働環境が恐ろしく悪い中国の玩具工場。ある時一人の女性がそこで亡くなり、
復讐を誓ったその妹は、親会社のある日本へと渡った―――「死に至る玩具」

ネット内に散らばる自殺系サイトを飛び回り、次々と集団自殺をプロデュースしていく、
謎の人物「スパイダー」が池袋に現れた。自殺遺児たちが結成した「反自殺クラブ」は
マコトとタッグを組んでスパイダー捜索を開始した―――「反自殺クラブ」

「池袋ウエストゲートパーク」が合言葉!混沌の町池袋を描く、IWGPシリーズⅤ。

■■■

有栖川有栖、伊坂幸太郎と並んで新作が出たら(図書館ではなく)新書で必ず買う作家、石田衣良。
ただだいーぶメディア出演が多くなって、それと共に買い辛くなってきました。
物凄くトレンディで今ある風景を新鮮なうちにカットしてザクザクっと書けてしまう作家の本を買うのって、なんか物凄く気恥ずかしくないですか?
自分はこんなに今をときめく作家を…皆が注目している流行の作家のチェックを怠らないんだぞ、っていう恥ずかしいアピールみたいな気が(勝手に)して、だんだん石田さんの本が買い辛くなっています…。ものっ凄い被害妄想なのは承知で(笑)

IWGPシリーズも5作目、安定して面白いです。
今回は全体を通してこの作品の面白みの一端である「疾走感」が若干薄かった気もしますが、波が高い時や低い時があっても平均して標準レベルより充分に面白い物が書けるのが石田さんの強みだと思います。
人の死や不幸をわりあいフランクに作品に登場させている印象はありますが、同じ主題でも重い味わいはLAST辺りを読めばいいし、このシリーズに関してはこのぐらいの温度が丁度良いです。(ヌルいって意味ではなくて、良い塩梅)

主題にもなっている反自殺クラブは、話の流れもオチも東京バビロンの中の1ストーリーを思い出しました。

|

« ラッシュライフ | トップページ | 白い兎が逃げる »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

石田衣良」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/10021372

この記事へのトラックバック一覧です: 池袋ウエストゲートパークⅤ 反自殺クラブ:

« ラッシュライフ | トップページ | 白い兎が逃げる »