« 池袋ウエストゲートパークⅤ 反自殺クラブ | トップページ | 蒲田行進曲 »

2008年2月21日 (木)

白い兎が逃げる

白い兎が逃げる 内容(「BOOK」データベースより)
「君を好きになった。君も僕に興味を持って欲しい。それが無理なら、離れたところから君を見守っているだけでもいい」―。ストーカー行為に悩む劇団「ワープシアター」の看板女優・清水玲奈。彼女を変質者から引き離すプランは、成功した筈だった。ところが、ストーカーの死体が発見され、事件は思わぬ展開に!臨床犯罪学者・火村英生の論理的思考が冴え渡る、4編の傑作本格推理。


■■■
正直、出た当初に第一版で購入していましたが、このシリーズは相当自分の体制が整っている時じゃないと読みたくなかったのでずっと寝かせていました。ただだいぶ寝すぎて次の長編が出てしまいましたが(笑)。そしてようやく体制が整ったのでこの度読破。
今回の話はレビュー書いてる方々が口々に言っていた火村氏の名言(迷言?)が盛りだくさんで終始ニヤリとさせてもらいました。
にしても「おぼこい」って…。相変わらず有栖川氏の台詞は言い回しや言葉が微妙に昭和です。本格ミステリだからこそなのでしょうか?(笑)
P266の「学習心理学における~」やP269「おい、全部食べちまったのかよ」あたりは二人のコンビネーションの絶妙具合と、踏み込む領域がチラリと見えて面白かったです。
アリスの恋愛心情も久しぶりに出ましたね。P299の「俺はおまえが~」の件は言わずもがな。
ストーリーの最後の盛り上げ方が秀逸で、久しぶりにミステリの謎解き段階でゾクゾクしました。

|

« 池袋ウエストゲートパークⅤ 反自殺クラブ | トップページ | 蒲田行進曲 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

有栖川有栖」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。
最近有栖川さんがお気に入りで、立て続けに読んでいます。
読みやすいうえに小手先のトリックでないところが、いいですよね。
昭和な言い回し・・・たしかにそう考えるとそうかもしれません(笑。
学生アリスはまったく読んだことがないので、次はそちらを読んでみたいと思っています。

投稿: らぶほん | 2008年2月25日 (月) 18時49分

こんにちは、コメントありがとうございます。
有栖川氏読みやすくて面白いですよね!
学生アリス編では火村氏とはまた180度違った味(笑)を持つ
探偵が出てきますので、そちらも是非とも読んでみて下さい。
らぶほんさんの感想記楽しみにしております。

投稿: batu | 2008年2月25日 (月) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/10671678

この記事へのトラックバック一覧です: 白い兎が逃げる:

» 白い兎が逃げる⇔有栖川有栖 [らぶほん−本に埋もれて]
読書日記:有栖川有栖 『白い兎が逃げる』 ストーカー行為に悩む劇団の看板女優・清水伶奈。 彼女を変質者から引き離す計画は成功したはずだった。 ところが、ストーカーが兎小屋の裏で死体となって発見される。 追いかけていたはずの彼が…。 鉄道に絡むトリックを用...... [続きを読む]

受信: 2008年2月25日 (月) 18時46分

« 池袋ウエストゲートパークⅤ 反自殺クラブ | トップページ | 蒲田行進曲 »