« 被害者は誰? | トップページ | 東京DOLL »

2008年2月25日 (月)

蒲生邸事件

蒲生邸事件 (カッパ・ノベルス) 内容(「BOOK」データベースより)
平河町一番ホテルに宿泊していた受験生・尾崎孝史は、二月二十六日未明、ホテル火災に見舞われた。危うく焼死するところを、謎の男に助けられた孝史は、その男とともに昭和十一年二月二十六日にタイムスリップ―雪の降りしきる帝都では、今まさに二・二六事件が起きようとしていた。その日、蒲生邸では蒲生陸軍大将が自決。三宅坂一帯は叛乱軍に占領され…。この叛乱の結末、これからの昭和の戦争への悲惨な歴史を知る孝史たちにできることはないのか。“運命の四日間”に交錯する人々の命運!当代随一のストーリーテラーが時を超えて描く、ミステリー巨編。

■■■
宮部さん久しぶりです。ワクワクしながら読みました。まだ未読の作品が残っている事を純粋に嬉しがれる作者は偉大です(笑)
古本屋で300円で置いてあったので(しかもミステリ好きには憧れの出版社カッパノベル!)即購入しました。
クロスファイアや鳩笛荘等、人間の中で特殊な力を持ってしまった人の生き方、その人に絡んだ人の生き方、巻き込まれてしまった人の生き方etc…、ファンタジーなのにどこか「ありそう…」と思わせる文章力に圧巻です。宮部氏の作品には長文にも関わらず一気に読んでしまえる面白さが確実にあります。

ふきと主人公は現世で是非とも会って欲しかった。けれど、話としてはあれで落ちているし良いんだと思います。泣けるが…。
黒井さんのストーリーが別口でもしあったなら是非それも読んでみたい。また違った角度から蒲生邸の人々と2・26事件を覗いてみたいものです。

|

« 被害者は誰? | トップページ | 東京DOLL »

宮部みゆき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/10759582

この記事へのトラックバック一覧です: 蒲生邸事件:

« 被害者は誰? | トップページ | 東京DOLL »