« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »

2008年3月18日 (火)

禁じられた楽園

禁じられた楽園 内容(「BOOK」データベースより)
大学生平口捷は、同級生で世界的な天才美術家烏山響一から招待を受けた。聖地・熊野の大自然の中に作られた巨大な“野外美術館”へと―。現代の語り部が贈る、めくるめく幻想ホラー超大作。

■■■
ちょっと予定調和が多い気はしました。ホラージャンルでも小説ならもう少し理屈で怖がらせてくれた方がより怖かった気がします。
文章の面白さや、次は何が来るだろうというワクワク感は最後まで損なわれることなく読めました。
ただ複線を貼りすぎて、蓋をあけてみたら「あれ?これだけ?」と思うような物もしばしば。
恩田さんのホラーは小野さんのような圧倒的な恐怖というモチーフではないのかもしれない。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

劫尽童女

劫尽童女 (光文社文庫) 内容(「BOOK」データベースより)
父・伊勢崎博士の手で容易ならぬ超能力を与えられた少女・遥。彼ら親子は、属していた秘密組織「ZOO」から逃亡していた。そして、七年を経て、組織の追っ手により、再び戦いの中へ身を投じることに!激闘で父を失った遥は、やはり特殊能力を持つ犬・アレキサンダーと孤児院に身を潜めるが―。殺戮、数奇な運命、成長する少女。彼女の行く手に待つのは何か。


■■■
いろいろと謎は残る終わり方だったのが少々残念ではあるけども、ストーリー展開の上手さとスピード感はさすが恩田さんでした。
田中芳樹さんにも思いましたが、恩田さんは人と違う圧倒的な力を持ってしまった主人公がその力を使って周囲を鎮めていく(その先に待っているのは不幸な事も多いですが)みたいなストーリーが多いですね。
犬の活躍がなかなか微妙で…多いような、かといって重要な局面にはいないような…。「犬大好きにはたまらない一冊です」的な解説が書いてありましたが、犬大好きだからこそ、もう少しウェイトを置いて欲しかった気もします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

真相 (下)―“切り裂きジャック”は誰なのか?

真相 (下)―“切り裂きジャック”は誰なのか? 出版社/著者からの内容紹介
コーンウェルが真犯人を突きとめた!

7億円の巨費と現代科学を駆使して迷宮入りの難事件を解明する。

切り裂きジャックとは、1888年にロンドンの下町イースト・エンドで娼婦を惨殺した連続殺人犯のあだ名である。現在までさまざまな容疑者が指摘されているが、未解決に終わっている。コーンウェルは初めてのノンフィクションにも得意の鋭い推理力を発揮し、ジャックの正体をヴィクトリア朝の画家だと指摘した。彼の絵画を収集して絵の具を分析し、また彼が出したと推定される手紙の紙質を調査して直接証拠の発見に努力している。この事件に賭けたコーンウェルの凄まじい情熱をひしひしと感じる。――仁賀克雄(犯罪研究家)
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

■■■
相変わらず読むのに気合がいる本です(笑)
徹底的にシッカート一人をマークして綴られているので、自分を含めて切り裂きジャック事件の概要をきちんと知らない人が読むと、シッカート以外の選択肢はどれくらいあるのだろう?と少し疑問が残ります。
他にも無数に出ている切り裂きジャック関係の本だと、何人かいる容疑者を挙げてその中から一人を選び出すやり方をしているらしいので、そういうのを読んだあとに読めば良かったかもしれない。
そしてまたもや洋書を翻訳した文章に慣れない自分がいます(苦笑)
やはり翻訳本は馴染めないのだろうか。何か読みやすい(日本語に違和感の少ない)翻訳本があったらどなたか教えてください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

東京DOLL

東京DOLL (講談社文庫) マスター・オブ・ザ・ゲーム=MGと呼ばれる天才ゲームクリエイター。背中に濃紺の翼をもつ少女ヨリが彼の孤独を変えてゆく―。青く透明なビルと虚ろさが混在する東京湾岸―石田衣良がハードにシャープに描くパーフェクトな人形に恋をした男の物語。

■■■
いろいろなところで☆5中、2~3を軒並み獲得している石田さん初の問題作。皆様の意見は間違っていないと実感致しました。
どうしたんだろう、石田さん。TVに出すぎて一般の感覚と業界の感覚の区別がつかなくなったんだろうか。
とにかくブランド物の描写が多い。女の子のエロさが安っぽい。常に街はピカピカしている。世の中には面白いことが溢れているはずなのになぜか空しさや焦燥感がつきまとう主人公。3拍子どころか4拍子そろってアイタタタ…な感想です。
ともかく、一時期流行った、お金はある。望めば女も手に入る。やろうと思えばたいがいの自由は利く。けれど気持ちが乗らないからやらない。ないしは、今はまだその時が来ていないから傍観するという『その気になればなんでもできる人生の余裕を持った主人公』はそろそろ潮時ではないかと思います。
一番伝えたかった(であろうと思われる)恋愛の部分も、常に最後まで曖昧で、なんだか頻繁に描かれるSEX描写だけが最後まで印象に残りました。
石田さんは男女のエロを含む濃厚な小説を書くよりも、ティーンズの甘じょっぱい(笑)青春を書いてる話の方が好みでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年2月 | トップページ | 2008年4月 »