« 2008年4月 | トップページ | 2009年7月 »

2008年7月 7日 (月)

地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 出版社/著者からの内容紹介
永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため……。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。


■■■
浅田次郎舐めてました…il||li _| ̄|○ il||li
面白すぎる。読み始めからノンストップで面白すぎる!
全体的にまったりとした空気なのに、所々の緊張感が比類無いです。
どうしても場の手駒全てを見通せる読み手側としては、主人公の動きに「なんでそう動くかな」とか「もっと上手く立ち回れよ」とか思いがちなものですが、そういう無駄な憤りみたいな物が一切無い。かと言って主人公が賢すぎて「何でこう動いてるのかサッパリわからない」みたいな置いてきぼり感も全く生まれず。読み手の歩みにピッタリ寄り添うようで、時たまいい意味で裏切ってくれる感じがたまりません(笑)

宮部みゆきの凡そを制覇したので次は浅田次郎行きたいと思います!
あとDVD借りてきます。この世界をもっと深く知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day

The Book―jojo’s bizarre adventure 4th another day「ジョジョ」20周年を記念して、乙一渾身の小説化!!
「週刊少年ジャンプ」「ウルトラジャンプ」誌上で絶大な人気を誇る荒木飛呂彦氏の長期連載『ジョジョの奇妙な冒険』を稀代の若手作家乙一氏が構想・執筆に2000日以上をかけ、渾身の小説化を実現!!

■■■
マンガのノベライズとしてこれほど完成度の高いものも珍しいと思う。
本自体の作りも凝っていて、スタンドとして作中に登場する本を彷彿させるデザインが更に読み手のワクワク感を煽ってくれます。裏表紙の手の跡は全てを読んだ人なら相当感慨が湧くのではないでしょうか。
とまあ、作品自体の素晴らしさは本当なんですが、自分の好みの話をしてしまうと、どうにもこうにもイマイチ…
これは書き手の問題じゃなく完璧に個人の好みですが、乙一氏の書く底の方に漫然と漂う暗ーーーい感じがどうにも得意じゃないようで、過去に数冊読みましたが何読んでも読後に暗い気持ちになってしまいます…。でも読み物としては本当にお勧め!(笑)どっちだ
乙一氏が好きな人もそうだけど、荒木ファンにも充分楽しめる内容になっています。正直アラを探しながら読んだ意地の悪い自分が居ますが、アラは全くありませんでした。少なくとも自分が違和感に感じるような部分は全く見当たりませんでした。
マンガのノベライズはその漫画自体に愛が溢れている作家が書くと、作者公認の同人誌みたいな独特の味わいがあって面白いですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2009年7月 »