« LOVE MY LIFE | トップページ | バイオハザード ダムネーション »

2009年9月23日 (水)

間宮兄弟

Imge8f0fcf9zik7zj 内容紹介
  間宮明信と徹信は仲のいい兄弟。それぞれ立派な社会人だが、趣味、価値観、モテなさ加減も一緒のふたりは、仕事以外、ほとんど行動をともにしている。ある日、カレーパーティを企画したふたりは、それぞれちょっと気になる女性を招待する。一方、明信は会社の先輩の離婚に協力を求められ困惑。兄弟ふたりの平和な生活に変化が訪れる…。
   江國香織の同名小説を、森田芳光が映画化。映画やTVで活躍する名バイプレイヤーの佐々木蔵之介とドランクドラゴンの塚地武雄が間宮兄弟に扮している。兄弟離れができない自立しきれない男ふたりの物語は、描き方によっては変人扱いされてしまいそうだが、森田監督は家族を誰よりも大切にする誠実さを全面に出し、ふたりのズレ加減をユーモアの核にして、本作をコミカルなヒューマンドラマに仕上げた。ふたりを取り巻く女性陣、常盤貴子、沢尻エリカ、中島みゆきなどが、キャラクターをしっかり際立たせた好演。しかし、なにより注目してほしいのは、佐々木と塚地。ふたりの明るいキャラクターと相性の良さのおかげで、この映画は心温まる作品になった。


■■■
現実には色んなしがらみや、性格的なゆがみなんかも出てきてこんな風に兄弟揃って仲良く(しかも親子も揃って仲良く)一緒に居られる事なんてなかなか難しいんだろうなー、とは思いますが、だからこそこれは“こうあったら素敵な関係だ”と思える、一種ファンタジーのような世界として見ました。

少年ではなく、ましてや青年からもそろそろ追い立てられ、中年期に突入しかけている兄弟2人が、東京で2人で暮らし常に対話を持ち夜には2人で反省会、休日も寝る時も仲良く一緒の姿を何の抵抗感も無く純粋な少年のように魅せたのは素晴らしいと思います。
この兄弟の関係が気持ち悪いか否かは判断が分かれるかと思いますが、兄弟の居ない僕には憧れとしてうつりました(笑)
大体の趣味趣向は同じなんだけど、微妙な所で好みが分かれたり、兄弟交互に自分の頭の豆知識箱の中から似たような志向のクイズを延々と出し合ったり、兄がビールで弟がコーヒー牛乳を仲良く揃って飲むシーンは平和すぎて笑いがこみ上げます。
ちょっとした恋愛のいざこざも含めて、そんなヒューマンドラマが積み重なって出来ている間宮兄弟。見ている方がダレるかダレないかの絶妙なバランスで進みますが、見終わった後には胸にホカホカした物が残る暖かい映画でした。

|

« LOVE MY LIFE | トップページ | バイオハザード ダムネーション »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/198472/31492961

この記事へのトラックバック一覧です: 間宮兄弟:

« LOVE MY LIFE | トップページ | バイオハザード ダムネーション »