仙川環

2007年6月23日 (土)

感染

感染 内容(「BOOK」データベースより)
ウィルス研究医・仲沢葉月は、ある晩、未来を嘱望されている外科医の夫・啓介と前妻との間の子が誘拐されたという連絡を受ける。幼子は焼死体で発見されるという最悪の事件となったにもかかわらず、啓介は女からの呼び出しに出かけていったきり音信不通。痛み戸惑う気持ちで夫の行方を捜すうち、彼女は続発する幼児誘拐殺人事件の意外な共通点と、医学界を揺るがす危険な策謀に辿り着く―。医学ジャーナリストが描く、迫真の医療サスペンス!第一回小学館文庫小説賞受賞作。

■■■
大筋が主人公の落ち込み日記の印象。
何かを自発的に探ろうと前向きにはなるけれど、一個調べては落ち込み二個知っては哀しむのが見ていて痛ましい。主人公に同調すると怒りでだんだん疲れてきました。
立場も頭も悪くない女性が主人公ですが、格好良い女性になれる要素がふんだんにあるだけに物語の最後の方まで右往左往しながら一番要領の悪い選択を選んでいくのが見ていて歯がゆい思いです。
夫にあれだけ傷つけられながらも土壇場で夫が弱みを見せると今までの苦渋が嘘のように彼を加護し、信頼し始める図はいっそ哀れですらありました。
女性作者がこの手のおめでたい女性主人公を書いているのが少し残念です。

主人公の性格に絡む深いトラウマ的部分をストーリー中盤に差し掛かっていきなり(しかもサラッと数行だけ)書いてあったのに驚きました。
もっと最初の方に大仰に書かないと中盤に入って主人公の背景が薄いことに気づいたから仕方なく取って付けただけのエピソードのような印象しか持てません。

全体を通してこれだけ主人公に思い入れをして悔しく思いながらも読んでいたので、文章はとても読みやすいし小説として成り立った話しだと思うのですが、ひとえに主人公の性格と僕の気質が合わなかったんだろうな…と。

| | コメント (0) | トラックバック (2)