折原一

2007年8月 4日 (土)

黙の部屋

黙の部屋 内容(「BOOK」データベースより)
執念の画歴調査、緊迫のオークション、戦慄の作品展…一枚の絵に取り憑かれた雑誌編集者がさまよう美術界の闇、サスペンス、炸裂する折原マジック。

■■■
珍しいダブルトリックでした。
後半になればなるほど相当注意深く読んでないと置いていかれる独走っぷり。でも置いてかれた人から見ると後半相当ダレてきます。
主人公の持っている情報量と読み手の情報量が違いすぎて主人公の謎解きのゆるやかさにイライラすることも暫し。
最初の謎である目白勇次については明確な記載の無いまま終了…。オイ!!
石田黙という実在する画家の存在をとても高く評価し、そこに感銘を受けた著者が書いた熱意は伝わりますが、逆に言うと熱意以外は伝わりませんでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)