誉田哲也

2007年9月12日 (水)

春を嫌いになった理由

51qbh9c4j0l__aa240_

内容(「BOOK」データベースより)
フリーターの瑞希は、テレビ番組「解決!超能力捜査班」のプロデューサーである叔母の織江から、霊能力者・エステラの通訳を任された。収録日、エステラの霊視通りに行動した番組スタッフは、廃墟ビルから白骨死体を発見する。過去のトラウマから霊能力を毛嫌いしている瑞希は「霊視も死体もヤラセなのでは?」と疑いを抱きつつ、生放送本番に臨むが…。第4回ホラーサスペンス大賞特別賞受賞第一作。

■■■
小気味良いテンポで進んでいく会話がとても読みやすく、内容も僕の好きなミステリホラーテイストだったので楽しく読めました。
ストーリーは、現代に生きる主人公の通訳師と霊能力者の話と、中国の奥で生まれ育ち、日本に金を稼ぐ為に密入国してくる兄妹の話に細かく分かれていて、単元ごとに場面が交互に変わります。
最初全く交わる事がなかった二つのストーリーがクライマックスでようやく一つに結ばれる時、この話で最大の恐怖と見せ所がやってきました。
内容もとても面白く、構成もここまで徹底して2点進行なものは珍しくて、終始楽しんで読めました。
1点気になる事を上げるとしたら主人公の内側の性格が圧倒的に悪い!見た目は可愛らしいお嬢さんなのですが、驚くほど意固地で、受け入れられない事実には眼を逸らすだけに留まらずとりあえず心の中で誹謗する。何を見ても終始その姿勢が変わらなかったのは凄いです。

| | コメント (0) | トラックバック (1)