伊集院光

2007年11月24日 (土)

のはなし

のはなし 内容紹介
伊集院光の魅力が詰まった一冊。こんなエッセイ集を、今まで誰も、読んだことも見たこともないはず。連載5年、構想4年、修正1年。伝説のエッセイ、ついに刊行! 爆笑!感動!鳥肌!の全82話。

■■■
この人が居なかったら今の自分の人格形成は為されていないだろう、と言うほどに深く深く傾倒している伊集院氏の本。
ツーカーのメルマガで連載していた750本程のエッセイから80本程を抜き出して掲載した本です。
この手の芸能人が書いた本は今まで全く手をつけた事がなかったのですが、これは連載が始った当初から読みたくて読みたくて仕方がありませんでした。auユーザーの為一生無理かと思っていた矢先にまさかのBOOK化。狂喜乱舞で読破。
いや、本当に面白い。
1話が2~5ページ程の短いスパンで作られているので、通勤や通学の際にもサクサク読めます。
ただ人の見ている前で読むとウッカリ吹き出したりする可能性があるので要注意。高校からのラジオリスナーの自分にとってはそれほど面白い内容でした。
ラジオで語られていたけども、結末が曖昧だった話の完結部分や、ラジオの話のその後なんかが楽しめます。
勿論ラジオリスナーじゃなくても相当面白く読める内容です。
もし文庫版で出たらまた買うだろうなあ。

どうでもいい話ですが、載せきらなかったからって750本程から80本程までに割愛したスタッフに殺意すら覚えました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)