浅田次郎

2008年7月 7日 (月)

地下鉄(メトロ)に乗って

地下鉄(メトロ)に乗って (講談社文庫) 出版社/著者からの内容紹介
永田町の地下鉄駅の階段を上がると、そこは30年前の風景。ワンマンな父に反発し自殺した兄が現れた。さらに満州に出征する父を目撃し、また戦後闇市で精力的に商いに励む父に出会う。だが封印された“過去”に行ったため……。思わず涙がこぼれ落ちる感動の浅田ワールド。吉川英治文学新人賞に輝く名作。


■■■
浅田次郎舐めてました…il||li _| ̄|○ il||li
面白すぎる。読み始めからノンストップで面白すぎる!
全体的にまったりとした空気なのに、所々の緊張感が比類無いです。
どうしても場の手駒全てを見通せる読み手側としては、主人公の動きに「なんでそう動くかな」とか「もっと上手く立ち回れよ」とか思いがちなものですが、そういう無駄な憤りみたいな物が一切無い。かと言って主人公が賢すぎて「何でこう動いてるのかサッパリわからない」みたいな置いてきぼり感も全く生まれず。読み手の歩みにピッタリ寄り添うようで、時たまいい意味で裏切ってくれる感じがたまりません(笑)

宮部みゆきの凡そを制覇したので次は浅田次郎行きたいと思います!
あとDVD借りてきます。この世界をもっと深く知りたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)